Report list
Category

太っているのは自己管理不足!?

アメリカでは肥満で解雇もあり!?

ちょっとのポッチャリ程度なら、「かわいい」と若いうちはチャームポイントになることもあります。でも、そのまま年齢を重ねていけば、代謝は落ち、増々太りやすくなっていきます。「肥満がよくない」というのは、何も美容上、見た目の問題だけではありません。

内蔵に脂肪がつけば、生活習慣病も招きやすい。糖尿病や動脈硬化、脳卒中など、これまで中高年に多いといわれていた病気が若い人たちにも広がっているのは、飽食などの生活習慣の乱れ。ストレスによる問題も多く指摘されています。

太っている人は、自己管理ができていない表われとも解釈される可能性があります。アメリカでは肥満=自己管理不足と思われ、解雇されるケースも少なくないとか。そのために最近のアメリカ人男性は、ジャンクフードや間食を避けている傾向があるといった報道も。エリートであるなら肥満はタブーなんです。

「私、太りやすいんだよね」と空気を吸っているだけでも、水を飲んだだけでも太るという人に限って、ハイカロリーな食事を取っていたり、糖質の多い間食をしていたりします。からだにボッテリとついたお肉は、なかなか自己流のダイエットだけではきれいに痩せられません。だからこそ、栄養のことも知って、プロのサポートも受けながらの痩身が必要になるのです。メタボ検診で太り気味を指摘された人は肝に銘じて、痩せるための計画を立てていきましょう。